2019年01月16日

菅官房長官「韓国国民『三権分立だから』と思うかもしれないが、国際法は違う」

菅義偉官房長官が15日にテレビ番組に出演し韓国政府の強制徴用賠償判決への対応姿勢を批判した。

菅長官は15日夜、BS日テレの番組に出演し、韓国政府の強制徴用賠償判決への対応姿勢について「国際法の大原則を否定するようなことはすべきではない」と指摘し、「条約というのは全ての当事国の政府機関、そこを拘束するということ。それは司法も入っているんですから」と主張した。

8日に韓国大邱(テグ)地裁浦項(ポハン)支院は新日鉄住金の韓国内資産差し押さえ申し立てを承認した。これに対し日本政府は韓国大法院(最高裁)の賠償判決を国際司法裁判所に提訴することなどを検討中という・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:三権分立 国際法
posted by kazu at 19:01| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国外相、慰安婦問題で「国際会議の開催検討」

【ソウル=名村隆寛】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は16日、韓国メディアを対象とした年頭の記者会見に臨んだ。いわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の確定判決への対応や、日本政府が政府間協議を要請したことに関し、康氏は「さまざまな要素を検討しており、(韓国政府の)対応策を整理していく」と述べた。発表時期や方針には言及しなかった。

 また、慰安婦問題については、2015年の日韓合意の破棄や再交渉を否定する一方、「歴史の教訓が消え去らないよう、国際的にわれわれがより積極的に寄与できるよう準備中だ・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:慰安婦 国際会議
posted by kazu at 18:27| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専門家が語る「韓国は追い詰められている…」 韓国国防省の反論の“中身”

“非常に無礼” “ごり押しの要求”

15日午前に開かれた韓国国防法の定例記者会見。
韓国国防省の報道官は、レーダー照射問題を巡り日本を強く非難した。

韓国国防省の報道官:
非常に無礼な要求であり事実解決の意思がない、ごり押しの主張だ。
日本が依然として非紳士的な行動をとっていることに強く遺憾の意を評する

14日シンガポールで行われた、日韓防衛当局者による協議。日本側は、韓国軍の駆逐艦から照射されたレーダーの電波と音声の情報を韓国軍が持つレーダー情報と交換するよう提案した。しかし、韓国側はこれを拒否し日本の申し出を「無礼」と非難したのだ。

韓国国防省の報道官:
私たちが求めるのは日本が照射されたと主張している正確なレーダーの周波数、そしてレーダーが作動する時の警告音など比較的正確で客観的なデータの提供をずっと要求している・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:韓国 国防省
posted by kazu at 01:08| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

レーダー照射問題、元駐日韓国大使館公使「韓国軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない」

 韓国海軍艦艇による自衛隊機へのレーダー照射問題をめぐって、日本側が映像を公開する前日の12月27日に水面下で行われた日韓の防衛当局間による協議の席上、日本側が“動かぬ証拠“を提示していたことが取材で明らかになった。それは自衛隊機が記録していた韓国レーダーの「周波数特性」だという。

 軍艦の火器管制レーダーは、全て別々の周波数を使用していることから、いわばレーダー版の“指紋“なのだという。「過去に収集した当該駆逐艦のデータと、今回のレーダーの周波数特性が合致している」というのが日本側の主張だが、韓国側は「我々は照射していない。その数字が証拠だと言うなら生のデータを出してほしい・・・続きを読む


人気ブログランキング
posted by kazu at 18:49| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

対日関係「危険水位に」=「文氏が刺激」と批判―韓国野党幹部

【ソウル時事】韓国保守系最大野党「自由韓国党」のナンバー2、羅卿※(※王ヘンに爰)・院内代表は14日、元徴用工訴訟で韓国の裁判所が新日鉄住金の資産差し押さえを認めたことなどに「日本政府が強く反発している」と述べ、「韓日関係は危険水位を行き来している」と懸念を表明した。

 幹部会である非常対策委員会での発言を同党が公表した。

 羅氏は「文在寅大統領も新年の記者会見で、不必要に日本を刺激する発言をしたのではないか」と批判した。文氏は会見で、「日本の政治家が歴史問題を政治争点化し拡散させていくことは賢明な態度ではない」などと述べていた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:対日関係
posted by kazu at 18:56| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国「1965年請求権協定の補完」 日本に逆提案を検討

日本が韓国大法院(最高裁)の徴用判決に反発して1965年韓日請求権協定に基づいた外交的協議を要請してきたことを受け、韓国政府が「65年協定の際に議論できなかった懸案をすべて協議しよう」と逆提案する方針を検討していると、韓日関係に詳しい外交消息筋が13日、伝えた。この消息筋は中央日報との電話インタビューで「慰安婦問題やサハリン同胞問題、韓国居住被爆者賠償問題など65年請求権協定締結当時に議論されることができず両側がそれから個別的に協議してきた懸案を全部テーブルの上に上げようと日本に提案する方針を韓国政府が検討している」と話した。ただし、彼は「日本が提案した協議に応じるかどうかを含んでまだどちらかの方向に結論が出たわけではない」と話した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:請求権協定
posted by kazu at 09:24| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本が政治争点化」無理がある韓国・文在寅大統領の姿勢

 徴用工や慰安婦、そしてレーダー照射問題で日韓関係がぎくしゃくする中、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が10日の年頭会見でどんな発言をするかが注目されていました。会見での文大統領の発言や姿勢をどう見るか。元外交官で平和外交研究所代表の美根慶樹氏に寄稿してもらいました。

文大統領の会見発言は日本に対して失礼

 徴用工・慰安婦問題をめぐる韓国政府および裁判所の姿勢や判断、それに文在寅大統領の10日の記者会見での発言など、日本人が憂慮する事態がまた増えています。日本として納得できないことをあらためていくつか列挙してみると次のようになります。

 文大統領は記者会見で「日本の政治家が政治争点化し、拡散させていることは賢明な態度ではない」「問題は韓国がつくったのではない・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:文在寅 年頭会見
posted by kazu at 01:10| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

「日本で反韓世論拡散」=韓国紙、文氏発言を批判

 【ソウル時事】12日付の韓国紙・朝鮮日報は、文在寅大統領が年頭記者会見で「日本政府が謙虚な立場を取らなければならない」などと発言したことについて、「日本国内で反韓世論が全方位に拡散している」と批判的に報じた。

 
 同紙は1面の記事で「五大中央日刊紙が約束でもしたかのように、社説で文氏の会見内容を批判した。めったに見られないことだ」と報道・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:文在寅 反韓
posted by kazu at 16:53| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の一帯一路に問題噴出=「債務のわな」で関係国悲鳴

中国が推進するシルクロード経済圏構想「一帯一路」をめぐり、パキスタンやマレーシアなどの関係諸国でトラブルが噴出している。

 重い債務負担に苦しむ国が相次いでおり、中国からの借り入れを「債務のわな」と警戒する動きが広がる。習近平国家主席の提唱から5年が過ぎ、地球規模の壮大な構想は曲がり角に差し掛かっている。

 ◇中国の在外公館襲撃
 「中国は土地の占領と資源の収奪を目指している」。パキスタン南部カラチにある中国総領事館が2018年11月、武装集団の襲撃を受け、パキスタン人警察官や市民ら4人が死亡。分離独立を唱えるバルチスタン州の過激派「バルチスタン解放軍(BLA)」が犯行声明で、中国を厳しく非難した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:債務 一帯一路
posted by kazu at 10:52| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

「日本との関係は触らない方がいい」日韓対立が激しさを増す中“日本放置”・・・

「謙虚な姿勢を」「責任転嫁だ」激しさ増す日韓対立

日韓が激しく対立している、いわゆる“徴用工問題”。
元徴用工の韓国人男性が日立造船に対して損害賠償を求めた裁判で、1月11日ソウル高裁は1審に続き日立造船側に5000万ウォン、日本円でおよそ500万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

10日の年頭会見で「日本政府は(徴用工)問題について、もう少し謙虚な姿勢を持たないといけないと思う」と不快感をあらわにした文在寅大統領。
これに対し、菅官房長官は「今般の文大統領の発言は、韓国側の責任を日本側に転嫁しようというもので、極めて遺憾」と、強い口調で批判した。

韓国の大手新聞は大統領会見を伝えるにあたり、南北問題や深刻な国内の経済問題に多くの紙面を割き、日韓関係をめぐる発言を論評した記事はほとんど見られなかった・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:日韓 対立
posted by kazu at 22:54| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする