2019年01月31日

駐韓米大使、レーダー照射の韓国を“叱責”か 従北の文政権に米不信感… 専門家「二度とやるな、とクギ刺したか」

 ドナルド・トランプ米政権が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権への叱責・指導に乗り出したのか−。ハリー・ハリス駐韓米国大使は28日、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と、康京和(カン・ギョンファ)外相と相次いで面会した。この席で、韓国駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への危険なレーダー照射問題なども議題となったとみられているのだ。日米両政府は昨年来、一連の情報を共有している。トランプ政権は以前から、「従北」の文政権への不信感を強めており、今後も韓国の非常識行為が続けば、厳しい対応に踏み出すことも予想される。

 「ハリス大使は、鄭氏(国防相)と、さまざまな懸案について議論したものと承知している」・・・続きを読む


人気ブログランキング
posted by kazu at 22:41| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【社説】八方塞がりの韓日関係、手を引く韓国外交

韓日関係が八方塞がりに陥ってしまっている。慰安婦問題や強制徴用賠償判決などに関連した両国の葛藤はますます深刻化している。これに重なるようにして、日本海上自衛隊哨戒機に対するわれわれ海軍艦艇のレーダー派発射で誤解まで招いた。出口は見えていない。排水口が詰まって食器を洗った水があふれているのに、詰まりを解消する意志もアイデアもなさそうだ。この状態から手を引いた外交部をはじめ、政府の態度がそうだ。

昨日、外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官が慰安婦被害者の故金福童(キム・ボクドン)さんの焼香所を弔問した。康長官は「おばあさんは壮絶に戦ったが残念だ」と述べた。前日同じく焼香所を訪れた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「問題が解決されないまま(金おばあさんを)見送ることになり心が痛い」と述べた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:韓日関係
posted by kazu at 12:23| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

(朝鮮日報日本語版) 「安倍首相の施政演説、韓国外したのは韓国が未来志向でないため」

 強制徴用賠償判決や日本の哨戒機による韓国艦艇への近接威嚇飛行問題で激化している韓日の対立を解消するため、米国が仲裁に乗り出したが、韓日の対立ムードは29日も続いた。

 朝日新聞は29日、安倍晋三首相の周辺の話を引用し「安倍首相が28日の国会での施政方針演説で韓日関係に一切言及しなかったのは、『韓国は未来志向的ではない』以上、(演説に韓国を)書きようがなかったため」と報じた。安倍首相は外交方針について11分ほど演説したが、韓国に関する言及はなかった。北朝鮮の日本人拉致問題に関する部分で「米国・韓国をはじめ国際社会と緊密に連携する」と述べただけだった・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:未来志向 韓国
posted by kazu at 02:34| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

対応を先送りし続ける文在寅政権…「徴用工問題」に落とし所はあるのか?

レーダー照射問題に加え、日本と韓国が抱えるもうひとつの火種、徴用工問題をめぐって、先週大きな動きがあった。日韓関係の悪化を懸念したパク・クネ政権の意向を受け、徴用工訴訟の判決を不当に遅らせたとして、梁承泰・前最高裁長官が逮捕されるという前代未聞の事態となったのだ。
 
 18日には、去年11月に韓国の最高裁が下した1人当たり800〜1500万円の損害賠償命令を受け、原告側の支援団体が三菱重工を訪れ「判決を尊重した協議を求める。2月末までに回答がない場合は、差し押さえなどの強制執行などを行う用意がある」とし要求。同様の判決は新日鉄住金、そして今年に入ってからはソウル高裁が日立造船や不二越にも下されており、今後70以上の日本企業に対し、続々と損害賠償命令が出るものとみられている・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:徴用工 文在寅
posted by kazu at 16:11| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国、慰安婦財団の許可取り消し通知…解散へ

【ソウル=岡部雄二郎】韓国女性家族省は28日、2015年末の日韓合意に基づき元慰安婦への支援事業を担ってきた「和解・癒やし財団」に対し、財団の設立許可取り消しを通知したことを明らかにした。通知は21日付。財団は正式に活動を停止し、昨年11月に韓国政府が決定した財団の解散に向けて法的な手続きに入る。解散手続きには数か月はかかる見通しだ。

 財団は16年7月、韓国の朴槿恵(パククネ)政権が日本政府の予算10億円をもとに設立し、日韓合意当時に存命だった元慰安婦47人中34人に1人1億ウォン(約980万円)の現金を支給した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:慰安婦財団
posted by kazu at 10:49| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【現場から】韓国国防部長官、日本に「友好国を挑発」…軍内外で「意図に巻き込まれる」

鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)韓国国防部長官が26日、海軍作戦司令部を訪問し、日本哨戒機の低高度近接威嚇飛行について「友好国に対する甚大な挑発行為」とし「強く対応してほしい」と注文した。軍内外では「挑発」という言葉をめぐり戦略的でない対応という指摘が出ている。国防政策室長を務めたホン・ギュドク淑明女子大政治外交学科教授は「挑発という言葉は軍が今まで主に北に対して使ってきた」とし「あたかも鄭長官が日本を軍事作戦の対象として規定するかのように聞こえかねない」と憂慮した。

国防部は『国防白書2018』から「北朝鮮=主敵」条項を削除した後、「わが軍は大韓民国の主権、国土、国民、財産を脅かして侵害する勢力を我々の敵と見なす」とした。鄭長官の発言なら、日本を韓国の敵と見なすということに論理的に全く問題がないようだ・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:国防部長官 韓国
posted by kazu at 09:52| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

(朝鮮日報日本語版) 【コラム】中国にはおとなしく日本には強硬な韓国

 早朝から微小粒子状物質「PM2.5」が大量に発生した今月15日、韓国外交部(省に相当)の当局者が突然メディアに対し「大気汚染問題解決のため韓国政府が中国とどのように協力しているか説明したい」と伝えてきた。予定になかった会見をその日のうちに急きょ開きたいということだ。この問題で韓国政府が中国に対してどのような秘策を持っているか気になった。会見に行くと外交部の担当者が「対中国大気汚染外交対応方策」と書かれた資料を配付し説明を行った。

 外交部の担当者は「韓国政府は中国と共に、首脳外交を含む高官級の協力を通じて環境問題解決のため地道に努力を続けてきた。今月末にも韓中気候変動協力共同委員会を開催し、大気汚染問題について意見を交換する」と説明した。しかし配布された資料には「環境問題に関する共同の対応を要請」「大気汚染物質に関する科学的研究結果の共有」といったどっちつかずの言葉しかなかった・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:中国 日本
posted by kazu at 10:59| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徴用工問題の「出口封鎖」=基金構想一蹴で韓国紙

 【ソウル時事】韓国大統領府が韓国政府や日韓企業が参加する元徴用工賠償基金設置構想を「発想自体が非常識だ」と一蹴したことについて、28日付の韓国紙・韓国日報は「賠償問題の出口(となる方策)を封鎖した」と報じた。

 また、社説では「韓日関係の悪化を放置するという意味なのか」と批判した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:徴用工
posted by kazu at 09:36| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

韓国元首相「文在寅政権は自由市場経済を壊し国民相手に政策実験」

自由韓国党の党代表選出馬を宣言した黄教安(ファン・ギョアン)元首相が26日、文在寅(ムン・ジェイン)政権の経済政策を取り上げ「自由市場経済を壊している」と批判した。

黄元首相はこの日自身のフェイスブックに上げた「庶民経済の崩壊、直接見ました」という題名の書き込みで「(文在寅政権が)経済を生かす政策ではなく経済を殺す政策を国民を相手に実験している」としてこのように主張した。

続けて「きのう地方党員に会うため蔚山(ウルサン)を訪問する途中であるコーヒーショップに寄ってみたら、全従業員10人を5人に減らしたという。最低賃金の過度な引き上げにより中小企業や自営業者が直撃弾を受けている」と指摘した・・・続きを読む


人気ブログランキング
posted by kazu at 18:49| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日韓レーダー照射〜囁かれる韓国が謝罪できない本当の理由


元航空自衛官で評論家の潮匡人がラジオ番組に電話出演。ジャーナリストの有本香と共に、日韓レーダー照射問題について解説した。

レーダー照射問題で、防衛省が日韓協議の継続は困難との最終見解を発表

韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題について、防衛省は昨日新たな証拠としてレーダー探知の音を公開すると共に、日韓の防衛当局間での協議の継続はもはや困難だとする最終見解を発表した。これを受け、韓国国防省は会見を行い、公開されたレーダー探知の音について「実態のわからない機械音」と指摘。日本側が協議の打ち切りを発表したことと合わせて強い遺憾の意を表明した。その上で、「問題の本質は低空威嚇飛行であり、謝罪を促す」と強調する一方、「日本と安保協力強化のための努力は続ける」と述べた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:レーダー照射
posted by kazu at 11:13| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国駆逐艦はどこにいた…謎が深まる中、米U-2S高高度偵察機が日本飛来

韓国国防部が主張する「威嚇飛行」の不可思議

1月23日、韓国国防部は東シナ海の暗礁「離於島(イオド)」近海で、海上自衛隊のP-3C哨戒機が、韓国海軍駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」に高度約60〜70m、距離0.3マイル(=約540m)で接近、「威嚇飛行」をしたので「糾弾する」と発表した。
そして翌24日に、その論拠として「大祚栄」から撮影された映像を静止画にしたとされる画面など、5枚の画像を公開した。

興味深いのは、海上自衛隊のP-3Cの機体が映っている画像には、海面が映っていなかったこと。従って、これらの画像が「高度60〜70m」であることを明示するものであるかも分からなかった。
日本政府は「適切な飛行だった」と説明したが、25日、韓国メディアによると、韓国外交部は駐韓日本大使を外交部に呼んで、遺憾の意を表明したという・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:韓国 駆逐艦
posted by kazu at 10:13| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本の挑発に強力対応を」韓国国防相が海軍作戦司令部に指示

 【ソウル=名村隆寛】韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相は26日、釜山(プサン)の海軍作戦司令部を訪問し、海上自衛隊哨戒機が韓国海軍艦艇に「低高度で接近し威嚇飛行」をしたと韓国側が主張している問題について、「友好国への甚大な挑発行為だ」と批判した。韓国軍の規則に従い「強力に対応するよう」指示した。聯合ニュースが韓国国防省の情報として報じた。

 昨年12月の韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射問題をめぐり、韓国国防省は、自衛隊哨戒機が最近までに計4回、韓国艦艇に威嚇飛行をしたと主張している・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:韓国 海軍
posted by kazu at 00:41| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

元徴用工問題「基金という発想は非常識だ」 韓国報道官

 韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工らへの損害賠償を命じた判決への対応を巡り、韓国大統領府報道官は26日、「韓国政府と両国企業が参加した基金という発想自体が非常識的だ」とするコメントを発表した。韓国の専門家の間では、基金の設立を提案する意見が出ていた。

 コメントは「判決を尊重するのが基本的な立場だ。その原則のもと、被害者の苦痛と傷を実質的に癒やして未来志向の韓日関係を構築するため、諸般の要因を総合的、綿密に検討している」とした。

 日本政府は元徴用工らの訴訟をめぐり、日韓請求権協定に基づいた協議を韓国政府に9日に要請し、30日以内に回答するように伝えている・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:徴用工 基金
posted by kazu at 21:37| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日本の選択】事実を無視し自らの主張に固執する“厄介な隣国” 許されない朝日の報道

韓国海軍の駆逐艦による、海上自衛隊P1哨戒機への火器管制用レーダー照射問題について、防衛省は、海自哨戒機で記録された電波信号を変換した「探知音」と、本件に関する「最終見解」を発表した。最終見解には次のような指摘がある。

 《韓国側に、相互主義に基づく客観的かつ中立的な事実認定に応じる姿勢が見られないため、レーダー照射の有無について、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします》

 防衛省の見解は、あくまでレーダー照射問題に関するものだ。だが、「客観的かつ中立的事実認定に応じる姿勢が見られない」こと、いくら話し合いを継続しても「真実の究明に至らない」との指摘は、長年にわたる日韓問題の本質を鋭くついているように思われてならない・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:事実 無視
posted by kazu at 10:08| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国大統領府「基金設置に反対」=元徴用工賠償問題で―有力紙報道

【ソウル時事】26日付の韓国紙・朝鮮日報は、元徴用工への賠償問題で、韓国外交当局が韓国政府と日韓企業が参加する「被害者支援基金」の設置を検討したものの、大統領府の強い反対で検討を中断したと報じた。

 
 韓国外交当局は「迅速な賠償のためには、わが政府と韓日企業が参加する基金設置が代案になり得る」という趣旨の意見を大統領府に伝えた。しかし、大統領府は「わが政府が乗り出す問題ではない」と強硬に反対したという・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:徴用工 基金
posted by kazu at 09:48| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事実を無視し自らの主張に固執する“厄介な隣国” 許されない朝日の報道 日本の選択

【日本の選択】

 韓国海軍の駆逐艦による、海上自衛隊P1哨戒機への火器管制用レーダー照射問題について、防衛省は、海自哨戒機で記録された電波信号を変換した「探知音」と、本件に関する「最終見解」を発表した。最終見解には次のような指摘がある。

 《韓国側に、相互主義に基づく客観的かつ中立的な事実認定に応じる姿勢が見られないため、レーダー照射の有無について、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします》

 防衛省の見解は、あくまでレーダー照射問題に関するものだ。だが、「客観的かつ中立的事実認定に応じる姿勢が見られない」こと、いくら話し合いを継続しても「真実の究明に至らない」との指摘は、長年にわたる日韓問題の本質を鋭くついているように思われてならない・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:事実 無視
posted by kazu at 00:09| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

(朝鮮日報日本語版) 威嚇飛行:「韓国軍、日本の哨戒機近接飛行写真公開」記事への韓国読者コメント

韓国国防部(省に相当)は24日、日本の海上哨戒機による近接威嚇飛行の様子を撮影した映像を公開した。23日午後2時3分ごろ、離於島(中国名:蘇岩礁)の南西131キロの公海上で通常の作戦活動を行っていた韓国海軍の駆逐艦「大祚栄」に向かって、日本のP3哨戒機が540メートルまで接近し、海面から60−70メートルの高さで超低空飛行を行った。
 以下は24日付記事「韓国軍、日本の哨戒機近接飛行写真公開」(ピョン・ジヒ記者、日本語版未配信)に寄せられた韓国読者のコメント。

■賛成順
ファン・グァンヨル(zizi ****)さん
北傀(北朝鮮)の前では頭が上がらないやつらが、反日感情をあおろうと連日ご苦労なことだ。慰安婦のおばあさんの効き目がなくなったのか?
賛成77反対12

ファン・ドンソク(hds ****)さん
愚かなやつら。政治報復に血眼になって国力を浪費している間に、着実に力を伸ばしている日本は今や米国をバックに付けて韓国を見下し始めたのだ・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:威嚇飛行 哨戒機
posted by kazu at 19:21| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮タンカーまた「瀬取り」か 10件目、国連に通報

外務省は24日、北朝鮮船籍のタンカーが、洋上で違法に物資を積み替える「瀬取り」を行った疑いがある事案を確認したと発表した。国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に通報し、米国などと情報を共有しているという。2018年1月以降、同省が公表した同様の事案は10件目。

 瀬取りとみられる行為は18日午後、海上自衛隊の補給艦「おうみ」が中国・上海沖約410キロで確認した。北朝鮮船籍のタンカー「AN SAN1号」に、船籍不明の小型船舶が横付けし、ホースを接続していたという。石油などの燃料を違法に受け取っていた可能性もある・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:北朝鮮 瀬取り
posted by kazu at 09:23| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

韓経:文在寅大統領「日本企業がノーベル賞受賞する時に韓国は大企業が中小企業の技術奪取」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、今年初めての公正経済推進戦略会議を主宰した席で、政策成果を出すための革新成長ドライブとは別に公正経済政策も持続的に展開していくとの意志を強く現わした。

文大統領は「日本のある中小企業研究所でノーベル賞受賞のニュースが伝えられる時、韓国は大企業に技術を奪われた中小企業の事例を聞き続けなければならなかった。公正は革新の基盤であり個人が能力を発揮できる土台だ」と強調した。

文大統領は所得主導成長、革新成長、公正経済の経済政策3大軸のうち公正経済に最も厚い点数を与えながらも「これ以上進捗しない停滞した感じだ」として参席者を叱咤した。

執権3年目を迎え「経済成果」を強調しているが、革新成長を成し遂げるためには公正経済が後押ししなければならないという既存の立場を繰り返し明らかにした・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:韓国 ノーベル賞
posted by kazu at 14:44| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(朝鮮日報日本語版) 威嚇飛行:「日本の哨戒機がまた韓国艦に近接飛行」記事への韓国読者コメント

 韓国国防部の当局者は23日、「日本の海上哨戒機が、離於島(中国名:蘇岩礁)付近で任務を遂行していた韓国海軍の多目的駆逐艦『大祚栄』(4500トン級)に近接飛行を行った」と発表した。
 以下は23日付記事「日本の哨戒機がまた韓国艦艇に近接飛行」(ピョン・ジヒ記者、日本語版未配信)に寄せられた韓国読者コメント。

■賛成順
ヤン・ガンボ(lion ****)さん
自由陣営の友邦同士、どれだけ見くびられていたらこうなるんだろう? もう米国も日本の味方に付いて、韓国を助ける考えは全くないだろう・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:哨戒機 韓国
posted by kazu at 10:50| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする