2009年04月30日

新型インフル「弱毒性」でも警戒必要

今回の新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)のウイルスについて、専門家の間では、当初想定していた強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に比べて、感染しても比較的軽症で済む「弱毒性」との見方が強まっている。
世界保健機関(WHO)の緊急委員会のメンバーでもある国立感染症研究所の田代真人・インフルエンザウイルス研究センター長は29日、今回のウイルスが鳥と人、豚由来のウイルス遺伝子が混ざったもので、「強い病原性を示唆する遺伝子はなかった」と「弱毒性」との見解を明らかにした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090430-00000490-yom-sci



【母の日特集】癒し効果抜群のラベンダー鉢[ラッピング済]!リラックスさせたいお母さんにおす...

   

ランキングに参加しています
    
ブログランキング ドット ネット 人気ブログランキング ブログ王.bmp
posted by kazu at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック