2017年09月16日

対北朝鮮、58%が軍事行動容認=外交・経済で解決失敗なら―米世論調査

【ワシントン時事】米調査会社ギャラップは15日、北朝鮮の核・ミサイル問題に関し、外交・経済での事態解決が失敗に終わった場合の選択肢として、米国人の58%が軍事行動を支持したとする世論調査結果を公表した。反対は39%だった。

 軍事行動を容認する人の割合は、2003年の前回調査の47%から上昇し、前回48%だった反対派を逆転。北朝鮮が米本土を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発に成功したと主張する中、米国人の間で危機感が高まっていることを示した・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
posted by kazu at 17:31| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント