2017年10月31日

(朝鮮日報日本語版) THAAD:中国が示した関係改善の「踏み絵」を踏んだ康外相

 韓国と米国が昨年2月、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を韓国に配備する方向で正式に協議を開始することを決めて以来、1年8カ月にわたり韓国と中国の間では対立が続いてきたが、近くこれが解消される見通しとなった。韓国外交部(省に相当、以下同じ)の康京和(カン・ギョンファ)長官は30日、国会で行われた国政監査において「(THAADを巡る韓国と中国の対立で)前向きな動きが出始めているのは事実」とした上で「両国の未来志向的な関係を発展させるため、近くこれと関連した内容を発表できると考えている」と答弁した・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:THAAD 踏み絵
posted by kazu at 17:15| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント