2017年11月28日

(朝鮮日報日本語版) どこへ消えた? セウォル号犠牲者葬儀費用めぐり疑惑

 2014年4月の貨客船「セウォル号」沈没事故直後、犠牲者が多数出た檀園高校(京畿道安山市)の教師・生徒250人の葬儀が行われた。葬儀費用約51億ウォン(約5億1000万円)は京畿道教育庁が全額負担し、安山教育庁が実務執行した。だが、本紙が当時の予算内訳を入手して分析したところ、執行された予算と葬儀業者が受け取った費用の間に大きな差があることが確認された。遺体を載せる「リムジン型霊きゅう車」には1回当たり平均66万ウォン(約6万6000円)の予算が割かれたが、実際に霊きゅう車を出した業者が受け取った金額はその半額を下回る30万ウォン(約3万円)に過ぎなかった。事故で状況が大混乱している中、犠牲者に支給されるべき葬儀費用の予算がどこかへ流出してしまったということだ・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
posted by kazu at 15:02| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント