2017年12月24日

生まれてくる赤ちゃんが「生存不可能」と告知された。それでも産むと決めたのは臓器提供のためだった

これから生まれてくる娘の臓器を提供するために、妊娠を続けている夫婦が話題になっている。

イギリスメディア「インデペンデント」は、テレビ番組「This Morning」に出演し、涙ながらに体験談を語ったマーチン夫妻について伝えた。

2人は、妻のヘイリーさんが妊娠20週目のとき、おなかの赤ちゃんが女の子だと知った。

しかし、医者がマーチンさんに告げたのは、性別だけではなかった。赤ちゃんには「両側性腎無形成」という疾患があり、生まれてきても生きられないと言われたのだ・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:臓器提供
posted by kazu at 01:13| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント