2018年03月20日

中国の介入「日本も脅威認識を」 豪チャールズ・スタート大 クライブ・ハミルトン教授

オーストラリアに浸透する中国の影響に警鐘を鳴らす書籍を2月に出版した豪チャールズ・スタート大学のクライブ・ハミルトン教授が20日までに、産経新聞の取材に応じた。教授は著作で、中国は「民主主義を利用して民主主義を破壊する」と指摘。取材には「中国が豪州に介入した手法は日本にも適用される。日本の人々は脅威を認識する必要がある」と訴えた。
 教授の著書「サイレント・インベージョン(静かなる侵略)」は、豪州に移住してきた中国系の富豪が与野党の政治家や大学に多額の資金を提供している実態を紹介。こうした政治家の発言や大学の研究が、南シナ海問題や自由貿易協定(FTA)などで、中国に望ましい方向に政策を誘導しようとした実態を明らかにした・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:脅威認識 中国
posted by kazu at 23:33| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント