2018年04月01日

【世界ミニナビ】「脱・毛皮」に踏み切る高級ブランド続々…極寒の韓国では下着姿で抗議も

 動物愛護の観点からは、議論が避けられない問題だろう。イタリアの老舗ブランド、ヴェルサーチが今後、服などの製品に本物の毛皮を使用しないと宣言した。昨年秋にはグッチも同様の方針を表明するなど、ファッション業界で毛皮の廃止は潮流となっている。先の韓国・平昌(ピョンチャン)五輪で動物愛護団体が行った抗議活動と関連づける報道がある一方、代用品の毛皮を使う方が逆に環境によくないとの指摘も上がっている。
「正しいことだと思えない」
 「毛皮?もうやめる。ファッションのために動物を殺したくない。正しいことだと思えない」・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:毛皮 抗議
posted by kazu at 17:15| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント