2018年04月14日

米英仏がシリアの化学兵器施設に攻撃 ロ軍への攻撃回避

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は13日、シリア政府による首都ダマスカス近郊の反体制派支配地域への化学兵器攻撃への対応として、シリア政府施設への攻撃を命じたと発表した。攻撃はフランス、英国とも連携して行われた。

トランプ氏はホワイトハウスでの演説で、「シリアの独裁者、バシャール・アル・アサドの化学兵器能力に関連する目標に対して精密攻撃を行うよう米軍に命じた」と明らかにした。

米軍の制服組トップ、ダンフォード統合参謀本部議長は、ロシア軍が巻き込まれるリスクを緩和するために、念入りに目標は選定されたと明らかにした・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
posted by kazu at 17:57| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント