2018年04月20日

サンパウロ市地下鉄5号線=レール幅異なる車両26台購入で200億円以上の損害=使われないままに保証期限切れ

地下鉄の車両購入に伴う不手際で、州財政に6億レアル以上の損害を出したとして、サンパウロ州都市交通局長のクロドアルド・ペリシオーニ氏や、サンパウロ市地下鉄(メトロポリタン公社・以下メトロ)総裁のパウロ・フィゲイレド氏ら、9人を対象とした起訴状を、サンパウロ州地裁が受理したと、19日付現地各紙が報じた。
 サンパウロ州検察局が提出した起訴状には、11年7月にメトロが5号線用に購入した26両の車両が使われずに放置され、6億1500万レアルの損害が生じたと記されている(被告人の罪状は「不適切行政」)。
 起訴状受理を決めたのは、サンパウロ州地裁、第12公共財務法廷のアドリアーノ・ラロカ判事だ・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
posted by kazu at 09:28| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント