2018年04月26日

カナダ慰安婦問題の仕掛け人 日本について正確な知識は乏しい

カナダの中心部・オンタリオ州で、にわかに「反日」の動きが活発化している。昨年10月には州議会で、12月13日を「南京大虐殺記念日」とすることが定められた。そうした動きの背景にいるのが、香港出身の医師で慈善家のジョセフ・ウォン氏(69)である。その「反日グランドマスター」とも言える男性の正体を、ノンフィクションライターの安田峰俊氏がリポートする。

 * * *
 ジョセフは過去に数多くの表彰を受けてきた街の名士で、知的な丁寧な話し方ではあるが、米国の華人系女性作家アイリス・チャンが1997年に出版した『ザ・レイプ・オブ・南京』を世界的ベストセラーに押し上げた事実上の仕掛け人として知られ、対日歴史問題を追及する北米有数の華人系ロビイスト組織「アルファ・エデュケーション」(AE)の設立者でもある・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:慰安婦 カナダ
posted by kazu at 14:56| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント