2018年05月01日

疑惑だらけの非核化・・・米『最強タカ派3人衆』が半島威嚇 トランプ氏、極めて慎重「最大限の圧力を加える」

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による南北首脳会談は、「北朝鮮の非核化(核・ミサイル廃棄)」へ具体的な道筋を示さないまま終わった。今回の会談を「テスト」と位置づけていたドナルド・トランプ米政権は今後、北朝鮮の真意を見極める。その役割を担うのは、トランプ大統領と、マイク・ポンペオ国務長官、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の「最強タカ派3人衆」だ。北朝鮮の「時間稼ぎ」「拉致放置」が明らかになれば、南北朝鮮を威嚇し“厳しい調教”に乗り出しそうだ。

 「私は(北朝鮮に)操られない」「(自分には核問題を解決する)責任がある」「北朝鮮の非核化が起きるまで『最大限の圧力』を加える」
・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:疑惑 非核化
posted by kazu at 18:22| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント