2018年05月15日

中国機、1万メートル上空で窓脱落 体の半分が外に

 中国メディアによると、中国・重慶からチベット自治区ラサに向かっていた四川航空のエアバスA319型機(乗客・乗員計128人)が14日、成都に緊急着陸した。高度約9800メートルの上空を飛行中に操縦室の窓が突然、破損して脱落。副操縦士が外に吸い出されそうになり、操縦室内の気温も零下20〜30度に急低下したという。

 中国メディアの取材に応じた機長の話によると、窓が割れたのは成都まで100キロ〜150キロの地点。副操縦士の体の半分が操縦室の外に吸い出されたが、シートベルトをしていたため、転落せずに済んだ。副操縦士は顔と腰を負傷した・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:中国機 窓脱落
posted by kazu at 11:30| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント