2018年05月28日

「尖閣と言わず、中国ごと日本人に任せよう」=ある会社代表の過去のツイートが物議―中国

2018年5月27日、北京日報の微信アカウントは、先ごろネット上で「8000万元(約13億6000万円)も納税しているのに学校に入れない」と発言して波紋を呼んだ人物が、過去にも政治的な問題発言を繰り返していたと伝えた。

記事は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で北京の学校制度を批判して波紋を呼び、書き込みを削除した「粉筆張小龍」という名のアカウントについて、「過去にも行き過ぎた発言を繰り返していたことをネットユーザーが発見した」とし、その一例を紹介している。

2012年8月19日には「多くの歴史資料を見たが、抗戦期間中、日本人が統治した蘇州・杭州の多くの市民は、国民政府統治下よりも暮らしぶりがはるかに良かった。東北三省も日本が統治していた時代は、国民政府時代よりも良かった。日本人の方が統治が上手なのだから、釣魚島(日本名:尖閣諸島)、台湾、海南島だけでなく、大陸を全部日本人に渡して統治してもらった方がいい」とツイート・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:尖閣 中国
posted by kazu at 11:47| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント