2018年06月17日

東シナ海大陸棚、中国主張に反証へ 海保、データ収集 高性能測深機を運用

 東シナ海で中国が一方的に主張する大陸棚の延長に対し、反証材料となる海底地形データを整備するため、海上保安庁が大型測量船2隻に浅海用の高性能測深機を配備し、平成30年度から本格運用を始めたことが16日、分かった。同タイプの測深機を装備した無人観測艇も導入。他国の大陸棚延長が国際的に認められれば日本は海底資源の管轄権を失うため、海保は水深の浅い沖縄トラフ周辺海域での精密データの収集と分析を急ぐ。

 日本側が東シナ海の大陸からの地殻は一続きで、大陸棚を延長する余地はないとする一方、中国は大陸性地殻がマグマなどの海洋性地殻によって沖縄近海の「沖縄トラフ」で途切れているとして、大陸棚延長を主張している・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:大陸棚 東シナ海
posted by kazu at 18:16| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント