2018年06月25日

<W杯>サムライ挑戦精神…韓国は日本を見習うべき

サッカー日本代表が2018ロシアワールドカップ(W杯)で旋風を起こしている。日本サッカーの愛称は「サムライブルー」だが、封建時代の武士のように挑戦的なサッカーを見せている。

日本は25日、ロシアのエカテリンブルク・アリーナでグループリーグH組第2戦を行い、セネガルと2−2で引き分けた。第1戦で南米の強豪コロンビアを2−1で降した日本は1勝1分けとなり、決勝トーナメント(16強)進出の可能性を高めた。

日本は2度も同点に追いつく「執念のサッカー」を見せた。日本は0−1とリードを許していた前半34分、長友佑都(ガラタサライ)がDF2人をかわしてパスを出し、これを乾貴士(エイバル)がゴール右隅を狙って蹴り込んで1−1の同点に追いついた。また1−2とリードされていた後半33分には本田圭佑(パチューカ)が乾のクロスに左足で合わせてゴールを決めた・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:サムライ w杯
posted by kazu at 17:25| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント