2018年07月06日

北の「独島戦術」にからめ捕られる文在寅政権 アジア大会の統一旗に竹島を描く?描かない?

 韓国と北朝鮮は、8月にインドネシアで開幕するアジア大会の合同入場行進で、韓国が「独島(トクト)」と称する竹島(島根県隠岐の島町)を描いた「統一旗」を掲げることを目指す方針を打ち出した。2月の平昌五輪や3月の平昌パラリンピックで竹島抜きの統一旗を用いた韓国がなぜ、立場を変えたのか。そこには、日韓の“紛争”を政治利用しようとする北朝鮮のしたたかな戦術と南北融和の名分の下、北朝鮮の思惑にからめ捕られかねない文在寅(ムン・ジェイン)政権の危うさが見え隠れする。(ソウル 桜井紀雄)

 ■「日本と摩擦の余地はない」はずが…

 韓国と北朝鮮は6月18日、軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)でスポーツ当局者の実務協議を開き、アジア大会への合同出場やバスケットボールの親善大会を7月に平壌で開催することを決めた・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
posted by kazu at 14:34| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント