2018年07月10日

(朝鮮日報日本語版) 障害者を笑い物、韓国番組に批判殺到

MBCのバラエティー番組『全知的おせっかい視点』が障害者を笑い物にしたとして批判が相次いでいる。これは、人気俳優シン・ヒョンジュン(49)が7日の放送で、自身の代表作とも言える映画『裸足(はだし)のギボン』(2006年)での障害者の演技を再現したことが問題になっているものだ。この作品は知的障害を持つマラソン選手の実話をもとに作られた。

 この放送で司会者が「ギボン君、あいさつして」と要求すると、シン・ヒョンジュンは目をむいて言葉を詰まらせながら「あ〜こんにちは。シ〜…シン・ヒョンジュンです」と障害者のまねをした。ほかの出演者たちは爆笑、「ヒョンジュンのあふれるギャグへの情熱」というテロップも出た・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:障害者 韓国
posted by kazu at 12:53| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント