2018年07月11日

中国の慰安婦映画、米サンフランシスコで観賞会―中国メディア

2018年7月9日、中国メディア・光明網は米サンフランシスコで中国の慰安婦映画の鑑賞会が行われたと伝えた。

記事によると、南京大虐殺賠償請求連盟、サンフランシスコ湾区中国統一促進会、慰安婦正義連盟およびサンフランシスコ抗日戦争史実維護会の招待に応じて、山西省で撮影された「慰安婦の真実の経験」を主題とする映画「大寒」の鑑賞会が、現地時間7日午後、サンフランシスコで行われた。

記事は、「この映画は、山西省盂県の教師である張双兵(ジャン・シュアンビン)氏が、35年かけて自分の故郷で127人の元慰安婦のお年寄りを調査し、真実の経験に基づいて制作された映画だ」と紹介。映画では、物語とドキュメンタリーを交えた方式を採用しており、抗日戦争期における山西省盂県桃園村で、旧日本軍に強制的に慰安婦とさせられた人たちの苦難の経験が語られているという・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:慰安婦 中国
posted by kazu at 20:00| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント