2018年07月15日

(朝鮮日報日本語版) 物を落としたがる子どもたちを叱れない韓国マンション事情

7月2日、京畿道竜仁市のAマンションの住民に「キャットマム事件」について聞くと「どうして古い話を掘り返すのか」といった反応が返ってきた。2015年に同マンションの屋上から小学生3人がれんがを投げ落とし、マンションの前で猫に餌を与えていた50代の女性が死亡。パクさん(当時29歳)が大けがをした。加害者と被害者は全て同マンションの住民だった。れんがを投げ落とした子どものうち1人(当時11歳)は少年犯で保護処分とされたものの、2人(当時9歳)は処分を免れた。10歳未満は刑事責任を問われないためだ。

 子どもの父兄が被害者との合意に至ったことで、この事件は「なかったこと」になった。警備員が屋上のドアに鍵を掛けただけで、住民たちが集まって再発防止のための対策について論議したわけでもないという・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:韓国 マンション
posted by kazu at 16:10| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント