2018年07月25日

韓国企業がラオスで建設中のダムが決壊、韓国では「手抜き工事」の可能性を懸念する声

2018年7月25日、韓国メディア・韓国経済によると、韓国のSK建設が建設中の大型水力発電ダムが決壊したことを受け、ラオス政府は24日(現地時間)、被害地域を特別警戒地域に指定した。

現地の消息筋によると、23日午後8時ごろ、SK建設がラオス南部のアッタプー県に建設中のセピエン・セナムノイダムの補助ダムが決壊し、約50億リットルの水が放流された。これにより六つの村が浸水。数人が死亡、数百人が行方不明になっている。

現場ではヘリコプターやボートを使って救助活動が行われているが、決壊後も大雨の影響で水位が上昇しており、屋根の上で孤立する人が続出するなど危険な状態が続いているという・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:手抜き工事 決壊
posted by kazu at 16:51| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント