2018年07月27日

ラオスダム決壊、4日前から兆候…「韓国職員53人は避難したが…」

SK建設が自社が建設に参加したラオスのダムの決壊について「ダムが崩壊したのではなく豪雨でダムが氾濫した」と釈明していたことに対し、「責任逃れ」という批判が出ている。実際にはダム決壊の兆候を把握していたという。

25日(以下、現地時間)の仏AFP通信によると、SK建設側はダム上段部が流失したことを先週日曜日(22日)午前9時に発見したと明らかにした。ダム決壊の24時間前だ。SK建設側は「(発見後)直ちにラオス当局にこの事実を知らせ、村の住民を避難させ始めた」とし「豪雨によって補修作業が遅れ、補助ダムが決壊する危険が高まると、23日朝からセナムノイダムの水を放流するしかなかった」と釈明した・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
ラベル:決壊 ダム
posted by kazu at 01:35| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント