2018年07月30日

韓経:韓国政府緊急救護隊がラオス行き…ダム施工の韓国企業は被災者臨時宿舎の建設着手

韓国政府が29日、ラオスのセピアン・セナムノイダム事故の被害支援に向け救護隊を派遣した。

輸送機2機に分乗して城南(ソンナム)のソウル空港を出発した韓国海外緊急救護隊(KDRT)は内科、小児科、救急医療、耳鼻咽喉科分野の医療陣15人と支援スタッフ5人で構成された。救護隊は10日間にわたり現地で被害地域住民の感染病予防と治療活動をする。

ラオス救護隊第2陣の派遣は今後話し合われるという。28日に韓国軍の輸送機で運送された救護物資はラオスに到着し現地州政府に渡された。毛布1200枚と大韓赤十字社の衛生キット200点、民間救護物資などだ・・・続きを読む


人気ブログランキング

ブログ王.bmp
posted by kazu at 11:15| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント