2018年08月05日

決壊ダムは最古の工法だった…ラオス激怒、韓国企業に特別補償要求へ

 ラオス南部で建設中のダムが決壊した大事故で、ラオス政府の怒りが高まってきた。事故を「人災」と断定し、韓国側に対し、罰則的ともいえる「特別補償」を求めているのだ。欧米メディアは「欠陥・手抜き工事」の可能性を報じ、工法自体への疑問も浮上している。今回の事故は、韓国企業による海外インフラ受注競争にも、影響が出かねない。

 「洪水はダムにできた亀裂が原因で発生したもので、被害者への補償も一般的な自然災害とは違う形になるべきだ」

 ラオスのソンサイ・シーパンドン副首相は先日、事故処理のための特別委員会会議で、こう「特別補償」を求めた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:最古 工法
posted by kazu at 01:50| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント