2018年10月14日

米中対立の中、際立つ台湾軍の巨大レーダーEWRの存在

台湾軍演習:蔡英文総統の隣にパラグアイ大統領

米中間の軋轢は、いわゆる“貿易戦争”以外にも拡大を見せている。
10月中旬に予定されていた米中高官による米中外交・安全保障対話(DSD)を中国が中止。
そうした中、目立ってきたのが、台湾の存在だ。

台湾の陸軍と空軍が10月9日に合同で演習を行い、AH-1攻撃ヘリコプターやUH-60ヘリ・CH-47輸送ヘリを使い、台湾のCM11またはCM12型戦車が参加した。

この演習を視察した蔡英文総統の隣には、パラグアイのベニテス大統領がいた。
2人は、AH-64Eアパッチ・ガーディアン攻撃ヘリコプターの格納庫の前で記念写真を撮影。
台湾軍の演習に、外国の国家元首が参加したのは、公表されている限り、台湾史上、初めての事だ・・・続きを読む


人気ブログランキング
posted by kazu at 09:53| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント