2018年11月05日

河野外相「徴用判決は国際社会への挑戦、補償はすべて韓国政府がするべき」

韓国大法院(最高裁に相当)の徴用判決に対する日本政府の反発が日を追うごとに強くなっている。

河野太郎外相は4日夕方、地方で行った講演で、徴用判決に対して「日韓の基本的な関係を根本からひっくり返すと同時に、国際法に基づいて秩序が成り立つ国際社会への挑戦」と批判したと日本メディアが伝えた。河野外相はまた「(到底)考えられない」とも述べた。河野外相は前日の3日には、徴用被害者個人への補償は韓国政府がするべきだと述べた。地方区の神奈川県での街頭演説でだ。

河野外相は韓日請求権協定に対して「1965年の国交正常化でいちばん問題になったのが補償や賠償をどうするかで、日本が経済協力として一括して韓国政府に支払い、国民一人一人の補償は韓国政府が責任を持つと取り決めた」と述べた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:補償 徴用判決
posted by kazu at 10:43| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント