2019年02月02日

【社説】「終戦」に言及の米国、韓米連合体制は保証すべき

米国が韓半島(朝鮮半島)で戦争を終える終戦宣言の意志に言及した。ビーガン北朝鮮担当特別代表の言葉だ。ビーガン代表は一昨日、米カリフォルニア州スタンフォード大ウォルター・H・ ショレンスティン・アジア太平洋研究センターが主催した講演で「トランプ大統領は朝鮮戦争を終わらせる準備ができている」とし「北朝鮮侵攻や政権転覆を追求しないはず」と明らかにした。また「最後の核兵器が北朝鮮を離れて制裁が解除されれば、大使館に国旗が掲げられ、平和条約が締結されるだろう」と述べた。ビーガン代表が今月末に開かれる見通しの2回目の米朝首脳会談を控え、米国の立場を公開したとみられる。

進まない北朝鮮の非核化交渉を解決するための米国の計算はさらに果敢だ。その間、米国は終戦宣言に否定的だった。その米国が「北朝鮮が非核化を履行すれば終戦宣言と共に北朝鮮経済を画期的に改善する数兆ウォン規模の経済パッケージまで用意している」と明らかにした・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:連合体制 終戦
posted by kazu at 13:58| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント