2019年02月10日

【地球コラム】ICBM放棄と核施設廃棄で手打ちか

◇米朝会談、第2回で実質終了も

 昨年6月に続く2回目の米朝首脳会談が2月27、28の両日、ベトナムで行われる。外交、安全保障の専門家によると、この2回目の会談で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、米国に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の放棄や一部の核・ミサイル関連施設の廃棄などを約束、その見返りにトランプ米大統領が制裁の一部緩和・解除など大幅な妥協に応じるとの見方が強まっている。

 加えて主にトランプ大統領が抱える米国の政治状況のため、今回が金正恩氏との実質最後の会談になるとの見方さえ出てきている。

 会談が開催されるまでの数週間の準備期間中に、米側が巻き返す可能性もないわけではない。会談までの国際情勢の変化がこうした見通しに大幅な変更をもたらすかもしれない。ただ、今のところ聞こえてくるのは、特に日本の安全保障環境にとっては悲劇的ともいえるような結末だ。(時事通信社解説委員 市川文隆)

◇「サラミ戦術」に乗らされる・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:ICBM
posted by kazu at 21:38| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント