2019年02月19日

独立運動100周年の韓国で「親日校歌」を変える動き拡大=韓国ネット「素晴らしい」・・・

三一節(独立運動)と臨時政府樹立100周年を迎えた韓国で、親日派の音楽家が作った校歌を変える動きが広まっている。

18日付の韓国・京郷新聞によると、この動きのきっかけを作ったのは光州地域の学校。光州市は先月9日、「地域の親日残滓(ざんし)」に関する調査結果を発表し、「17の学校で親日派の音楽家が作曲した校歌が使用されている」と明らかにした。このうち一部の学校は、「卒業式(2月)では校歌斉唱を行わず、3月の入学式で新入生が新たな校歌を歌えるようにする」との考えを示した。それ以外の学校も「1学期中に校歌を変更する」と発表したという。

慶尚南道の教育庁も現在、「地域の教育界に残る親日残滓」についての調査を行っている。「親日校歌」を変更するため、来月からは親日行跡の疑いがある4人の作曲家に対する検証を行う。蔚山市の教育庁も来月から「親日校歌・校名」に対する調査を行うという・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:独立運動
posted by kazu at 22:53| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント