2019年02月26日

(朝鮮日報日本語版) 米朝首脳会談:文大統領「われわれが韓半島の主人」

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日、第2次米朝首脳会談を2日後に控えて「新・韓半島(朝鮮半島)体制」構想を明らかにした。韓国大統領府(青瓦台)はこの日、文大統領の発言を英文でも配布した。今回の構想の核心は「われわれが韓半島の運命の主人」であって「歴史の辺境から中心へと向かいたい」というものだ。三・一独立運動100周年と米朝首脳会談に合わせて自主路線を強調しつつ、本格的な南北経済協力推進の意思を示したものと解釈されている。

 韓米同盟を根幹として朝中同盟に対抗してきた1945年以降の基本的な外交・安全保障戦略を大々的に修正するもの、という見方も出ている。しかし、非核化交渉で韓国は主導権を握れずにおり、非核化と制裁緩和もまた不透明な状況において、文大統領の「新・韓半島体制」は性急な判断だという批判も持ち上がっている。

 文大統領はこの日、大統領府の首席・補佐官会議において、過去の歴史を「辺境、戦争と対立、陣営と理念」と表現した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:韓半島 主人
posted by kazu at 12:06| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント