2019年03月04日

米国を甘く見過ぎていた北朝鮮 会談勧めた北幹部はどうなる…?

「北朝鮮をインチ単位でわかっている」

「我々は北朝鮮のことについてはよく知っている。インチ(2.54センチ)単位で分かっている」

先月28日のハノイでの記者会見でトランプ米大統領がこう言う場面があった。
北朝鮮に対して寧辺(ヨンビョン)の核施設廃棄の他に、さらに一箇所の施設の廃棄を主張したことに関連しての発言だ。

かねて噂されている平壌郊外のカンソンの秘密核施設についてその規模や稼働状況などの証拠を北朝鮮側に突きつけたのだろう。

カンソンの施設はウラン濃縮施設と見られているが、稼働時には大量の電気を必要として発電機が大量の熱を発生するので上空から監視している米国の偵察衛星で捉えることは容易だ。

さらに、米国の偵察衛星は高度150キロまで降下すれば地上の物体を10センチ単位で探知することができ、核施設を出入りする車両だけでなく人の動きを把握することができる・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:北朝鮮 米国
posted by kazu at 21:06| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント