2019年03月22日

仁川上陸作戦被害補償推進…韓国与党「壬辰倭乱も補償するのか」

歴史的事件に対する被害補償はどこまで拡大すしていくのだろうか。

仁川市(インチョンシ)議会が15日、仁川上陸作戦で被害を受けた「月尾島(ウォルミド)原住民」または相続人に生活安定支援金を支給する内容の「過去事被害住民生活安全支援条例案」を通過させたことが政界の論争イシューに浮上した。仁川市議会は1950年9月15日に起きた仁川上陸作戦時当時、国連軍の爆撃によって月尾島住民が死亡もしくは離郷を余儀なくされたために、彼らに対して補償が必要だという立場だ。

仁川地域の一部市民団体は仁川上陸作戦当時、国連軍が無理な作戦を実行したせいで被害が大きかったとし、被害の補償を主張してきた。2006年に当時、与党「開かれたウリ党」韓光元(ハン・グァンウォン)議員らが「月尾島事件の真相究明および被害住民補償に関する特別法」を発議しながら被害補償について本格的な議論が行われるようになった・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:仁川 被害補償
posted by kazu at 10:29| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント