2019年03月23日

タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出

 【バンコク西脇真一】タイで違法薬物のまん延が深刻化している。押収量は昨年、覚醒剤約18トン、低純度の錠剤型覚醒剤「ヤーバー」は約5億錠と共に過去最高を記録。一部は日本など国外へ流れている。タイ軍事政権も取り締まりや使用者の社会復帰に力を入れるが、追いついていないのが実情で、課題は総選挙後に発足する新政権に持ち越される。

 昨年6月26日夕、バンコク港を1隻の貨物船が出港した。行き先は韓国・釜山。7月6日に到着後、韓国の捜査当局が積み荷の機械の中から覚醒剤90キロを見つけた。韓国で過去最大の押収量だった。密輸には多国間の組織が関与しており、日本や台湾、韓国の6人が逮捕され、日本などの4人が国際手配された。

 機械の輸出手続きに関わった会社はバンコクにあるが、登録住所地は住宅。そこに暮らす女性は「ずいぶん前に会社は移転した。たまに関係者が郵便物を取りに来るが、警察が調べに来たことはない」と言う。摘発されるのは氷山の一角だ。

 タイ麻薬取締委員会事務局によると、覚醒剤は原料が中国からミャンマーの少数民族武装勢力の支配地域に運ばれ、密造される。そこからタイに持ち込まれ、世界各地へ密輸されているという・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:タイ
posted by kazu at 15:51| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント