2019年03月29日

「韓国零細食堂、死刑宣告受けたがどうすることもできず耐えている」(1)

飲食店の景気が最悪だ。賃貸料や人件費、原材料の価格が相次いで上がり、「ひとりご飯」や「ひとり飲み」など消費トレンドが変わったためだ。各種統計がこれを裏付けている。韓国統計庁によると昨年の飲食店業の生産指数は93.7(2015年=100、不変指数基準)を記録した。2年連続で大きく下がった。昨年の数値は13年前の2005年(94.2)と同様の水準だ。農林畜産食品部と韓国農水産食品流通公社(aT)は先月、2018年10−12月期の外食産業景気展望指数が64.2を記録し、調査を始めた2016年1−3月期以降の最低値だったと明らかにした。

景気の流れ上、これらの経営条件が好転するのも難しい状況だ。全国飲食店の連合会である全国外食業中央会のチェガル・チャンギュン会長に会い、飲食店の景気の実態や対策を聞いてみた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:死刑 韓国
posted by kazu at 16:10| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント