2019年04月04日

英、「ホンダ工場救済」へ直談判=現地では大規模デモ

 ホンダが英国工場の閉鎖を決めたことを受け、労働者やサプライチェーン(部品供給網)関係者ら数千人が3月末、工場のある南部スウィンドンで、計画の見直しを求め、デモ行進を行った。

 一部で工場の国有化論も浮上する中、巻き返しを図る英政府は近く、労働組合幹部らと訪日してホンダと直談判に臨む。

 「ショックで、今でも信じられない。ホンダを愛しているし、この町では他の職は簡単には見つけられない」。工場で約8年半働くジョゼ・フェルナンデスさん(43)は、ため息をついた。

 スウィンドンで約40年ぶりといわれるデモ。フェルナンデスさんら参加者は「ホンダを救え」などと叫びながら、約1時間にわたって小さな工業都市を行進。工場の国有化を求めるプラカードも多数掲げられた。

 ホンダは2021年に工場での生産を終了する計画。閉鎖となれば約3500人の労働者にとどまらず、サプライチェーンも含めた約1万5000人の雇用が危機にひんする。市民からも「ホンダがなくなれば大打撃だ」との嘆きが漏れる・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:英国 ホンダ
posted by kazu at 10:38| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント