2019年04月16日

日本担当を分離 韓国外務省が再編案、中国外交を重視

 【ソウル=桜井紀雄】韓国外務省は16日までに、対日外交を担当する部署を、日中両国との外交を扱ってきた「東北アジア局」から分離し、新設する「アジア太平洋局」に移す組織再編案を公表した。東北アジア局は中国を重点的に扱うことになり、文在寅(ムン・ジェイン)政権が対中外交を重視する表れといえる。一方で、対日外交の比重が縮小しかねないと懸念する声も上がっている。

 アジア太平洋局は、日本の他にインドやオーストラリアなどを担当。東南アジア諸国連合(ASEAN)の10カ国との外交を担う「ASEAN局」も新設し、アジア外交を担当する組織は従来の2局から3局体制に拡充される。

 経済での対中依存が高まる中、中国に関する業務が年々増加。省内で懸案の多い日中両国に関する業務を1つの局で扱うのは限界があるとの声があった。東北アジア局はモンゴルなども扱うが、業務の大半が中国に特化されることになる・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:韓国 外務省
posted by kazu at 23:29| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント