2019年05月08日

北朝鮮で再び繰り返された最高実力者の失脚。「ミサイル威嚇再開」のさなか、何が起きているのか

5月4日、北朝鮮は短距離弾道ミサイルと長射程のロケット砲を発射した。ミサイル部隊と砲兵部隊の訓練だったが、その訓練は金正恩委員長が視察し、参加した部隊に檄(げき)を飛ばした。しかし、視察に同行した幹部のなかに、叩き上げの軍人出身では政界の最高実力者となっていた人物の姿はなかった。

去る4月25日にも、ロシア極東のウラジオストクで行われたプーチン大統領と金正恩委員長の会談の場に、その人物はいなかった。その男は、本来なら金正恩委員長の横にいるはずだったのにもかかわらず、である。

その人物こそ、近年の北朝鮮政府の対外交渉において実質的なトップだった金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長兼党統一戦線部長である。金英哲は2018〜19年の米朝交渉の責任者だった。金正恩の親書を携えて訪米し、トランプ大統領と会見するなど、公式に金正恩の代理として交渉に携わってきた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:北朝鮮 ミサイル
posted by kazu at 14:46| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント