2019年05月14日

「韓国の食糧支援は“砂漠の1滴”」辺真一氏、金委員長が安倍首相に“急接近”のシナリオに言及

今月4日と9日に北朝鮮から発射された2発の飛翔体が世界を騒がせていた最中、約2週間にわたって国連の人道機関が北朝鮮国内36カ所の食糧事情、栄養失調状態を調査。その結果、国全体で約136万トンの食糧が不足し、全人口の44%が飢えに苦しんでいるという惨状が明らかになった。

 こういった事態を見兼ねたお隣の韓国が、2年前に決定した800万ドル相当の食糧支援の準備を始めた矢先に起こった今回の出来事は、韓国の厚意に水を差す北朝鮮の行いだったといえる。しかし、12日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』に出演した北朝鮮事情に詳しいコリア・レポート編集長の辺真一氏は、韓国からの食糧支援は“砂漠の1滴”に過ぎないと断言すると、北朝鮮の苦しい台所事情、さらに金委員長の本音について次のように解説した。

「1100万の国民が飢えている北朝鮮にとって、韓国からの800万ドル相当の食糧支援は砂漠の1滴に過ぎない。国連安保理の制裁によって貿易が規制され、既に20数億ドルの外貨が手に入らない状況が続いている・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:食糧支援
posted by kazu at 21:33| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント