2019年05月21日

(朝鮮日報日本語版) 強制徴用:仲裁委開催、拒否すれば日本の狙いにはまる恐れも

来月末のG20控え水面下で両国懸案解決策模索へ

 日本政府は20日、韓国大法院(最高裁判所に相当)による徴用被害者賠償判決問題と関連した仲裁委員会の開催を韓国政府に要求した。日本が今年1月に要求した両国政府間による協議が全く行われていないため、「次のステップ」を要求したものだ。

 韓国外交部(省に相当)は「諸般の要素を考慮して慎重に検討していく予定だ」と言った。外交関係者らは、韓国政府が日本の要求を一蹴(いっしゅう)していないことに注目している様子だ。仲裁委を通じた解決は現実的には容易でないが、折衝の余地を残したものと受け止められている。

 1965年に締結された韓日請求権協定には、紛争解決手続きとして政府間協議に続き、仲裁委の開催が明記されている。仲裁委は韓日両国と第三国の3人の委員からなり、韓国政府がこれに応じない場合は開催されない・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:仲裁委 強制徴用
posted by kazu at 11:02| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント