2019年05月31日

訪日議員団「日本では『文大統領、日本問題に関心がない』という」

日本を訪問した韓国の国会外交統一委員会所属議員5人に対する日本側の冷遇問題が波紋を広げている中、該当議員は強制徴用判決に伴う韓日関係の悪化を食い止める対策が急務だと口をそろえた。

これに先立ち、尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)国会外交統一委員長(3選)と同委員会所属の千正培(チョン・ジョンベ)(6選・民主平和党)、兪奇濬(ユ・ギジュン)・鄭鎭碩(チョン・ジンソク)(以上4選・自由韓国党)、李貞鉉(イ・ジョンヒョン)(3選・無所属)議員は28〜29日に1泊2日の日程で東京を訪問した。当初、日本側衆参両院から外交委員会所属議員数人と会えると期待していたが、参議院外交防衛委員長の渡邉美樹議員(初当選)だけが面会の場所に現れて「冷遇論争」が起こった。

千氏は30日、中央日報の電話取材に対して「日本のジャーナリストたちは『文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日本問題に何の関心もないようだ』と話していた」と伝えた。千氏は「日本国内の雰囲気が非常に良くない。日本の議員さえも韓国の議員に会うのを敬遠するほど」とし「日本のジャーナリストたちは『韓国人よりもむしろ日本人のほうが強制徴用判決問題に対してずっと関心が高い』と話していた」と伝えた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:関心 文大統領
posted by kazu at 12:03| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント