2019年06月09日

「文在寅下野」主張する牧師、今度はヒトラーに例えて批判

韓国キリスト教総連合会の代表会長を務めるチョン・グァンフン牧師が8日、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領下野」の主張を繰り返し青瓦台(チョンワデ、大統領府)前で1日リレー断食祈祷に入ると明らかにした。

チョン牧師はこの日、同連合会のブログに上げた「韓国キリスト教総連合会代表会長チョン・グァンフン牧師の国家弾圧に対する声明書」という題名の文を通じ、「文在寅は自身の誤った信念で全国家と国民に北朝鮮の共産主義理念である主体思想を強要している」と主張した。

続けて「自由民主主義を守ろうとする賢明な5000万国民がドイツのヒトラーの暴力的な歴史を教訓として年末までに文在寅を下野させ、南北の自由民主国家統一を成し遂げ大韓民国を世界1位に進む国にする仕事に参加してほしい」と要求した。

チョン牧師は「韓国キリスト教総連合会は文在寅大統領が下野する時まで青瓦台前にキャンプを立て1日リレー断食祈祷会を進める」と付け加えた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:批判 文在寅
posted by kazu at 17:06| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント