2019年07月08日

韓経:韓国金融委員長「日本が金融報復しても影響ない」…しかし海外工場の資金途絶えれば打撃

「日本が金融部門で報復措置を取るすべての可能性を点検した。最悪の状況は新規貸付と満期延長を中断することだが、そうなったとしても対処に大きな困難はないとみている」。

崔鍾球(チェ・ジョング)金融委員長は5日に記者らと会った席で、「2008年の金融危機当時とは違い韓国経済は安定している。日本が資金を貸さなくてもいくらでも違うところから借りられる」と言い切った。だが金融市場は緊張モードだ。日本の大手銀行が資金を回収する兆しが現れており、韓国企業の海外法人をターゲットにするかも知れないといううわさも出回り始めた。不吉な影が少しずつ差しているという診断だ。

◇金融報復シナリオの点検に出た韓国政府

金融圏は半導体・ディスプレー材料の輸出制限で始まった日本の経済報復が「貸し渋り・貸し剥がし」に続く可能性に神経を尖らせている。1997年に日系銀行がいち早く短期対外債務回収に出たのが韓国通貨危機の決定打になった痛恨の記憶もある・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:報復 金融
posted by kazu at 20:32| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント