2019年07月21日

金正男暗殺事件 検察が突然、罪名変更 「死刑」免れた真相 閉廷後・・・


 金正男(キム・ジョンナム)氏に毒を塗ったとして、殺人罪(死刑)に問われていたベトナム人のドアン・ティ・フォンさん(31)に、判決が下ったのは、エイプリルフールの朝だった。予定されていた審理が端折られ、急に言い渡された判決には「これで裁判に関わる人の時間が節約できる」という驚きの内容も盛り込まれていた。国際社会を揺るがせた暗殺事件、運命の「判決理由」を追った。(朝日新聞国際報道部記者・乗京真知)

大一番の「異変」

 4月1日、裁判所では被告人質問が予定されていた。フォンが初めて自らの言葉で、裁判官に訴えを届ける機会だ。フォンにとっては死刑を回避できるかどうかの大きな分かれ道だった。

 ところが、朝8時過ぎ、裁判所に護送されてきたフォンに、緊張した様子はなかった。普段は力なく顔を伏せて裁判所に入るところだが、この日は眉をきれいに整えて化粧をしていた。裁判所にはベトナムから父タインさんも駆けつけていて、何らかの「異変」を予感させた・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:暗殺 金正男
posted by kazu at 09:41| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント