2019年08月07日

「日本は不誠実」が逆転?日韓対立の背景に、中国ネット「戦後の日本は誠意ある」「韓国は一貫していない」

日本と韓国の貿易摩擦が中国メディアにも連日取り上げられる中、中国のポータルサイト・今日頭条に5日、日韓対立の背景について紹介する記事が掲載され、ネットユーザーから反響が寄せられている。

記事は「日韓衝突、日本の味方をするか韓国の味方をするか」との見出しで、両国の最近の対立の鍵となるのが50年余り前に結ばれた「日韓請求権協定」にあると指摘。「背景を知らなければ、多くの人が韓国の側につき、『日本は歴史問題で不誠実な態度を取り続けている』と考えるだろう」と述べた。

記事はまず、日韓の戦後について「米国が地域の戦略同盟システムを整えるために、両国の友好関係を強く促した。そのため、日韓は徐々に和解への道を歩み始める。両国の最大の問題はもちろん歴史問題、つまり日本が韓国を統治した際の一連の問題だった。徴用工問題もその一つだ」と紹介した。

そして、1965年に結ばれた『日韓請求権協定』に言及し、「協定は、日本が韓国政府に資金を提供し、韓国がそれを徴用工問題の賠償に充てるというものだった。日本が拠出した額は当時の韓国の国内総生産(GDP)の10分の1に当たる3億ドル。このことからも、日本は相当の血を流したことが分かる・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:韓国 日本
posted by kazu at 22:49| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント