2019年08月23日

韓国側、破棄の理由は「優遇国除外で環境変化」…米韓同盟にも打撃

【ソウル=豊浦潤一】韓国大統領府は22日、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を開き、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。24日の更新期限までに、外交ルートを通じ、日本側に通知するという。韓国人元徴用工問題に端を発した日韓関係の悪化は輸出手続き厳格化を巡る経済分野から、安全保障協力にも拡大した。

 韓国側によるGSOMIAの破棄で、短距離弾道ミサイルなどの発射を繰り返している北朝鮮の核・ミサイル情報の共有への影響が懸念される。

 NSC終了後、国家安保室の 金有根 キムユグン 第1次長が記者会見で明らかにした。

 金次長は破棄の理由について、日本政府が今月2日、輸出手続き簡略化の優遇措置を受けられる「グループA(ホワイト国)」から韓国を除外する政令改正を閣議決定したことを挙げ、「両国間の安保協力環境に重大な変化をもたらしたと評価した」と説明した。

 その上で、金次長は「このような状況で、安保上敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を持続させることは、韓国の国益に合致しないと判断した」と語った。

 大統領府関係者によると、 文在寅 ムンジェイン 大統領はNSCから破棄すべきだとの報告を受け、1時間の討論後、裁可した・・・続きを読む


人気ブログランキング
posted by kazu at 11:40| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント