2019年09月10日

対日強硬路線、文政権内で勢い…米の懸念逆手に

【ソウル=岡部雄二郎】韓国の文在寅政権が対日強硬姿勢をとるのは、支持層の左派に根強い反日感情を考慮しているためだ。無党派層の若者らがチョ氏の法相任命に反発する中、来年総選挙を控える文政権は支持層のつなぎとめを迫られており、今後日本への対決姿勢を一層強める恐れがある。

 韓国ギャラップの世論調査によると、9月第1週の文氏の支持率は43%にとどまり、3週連続で不支持率を下回ったが、与党「共に民主党」の支持層に限ってみると、76%が文氏を支持している。文氏がチョ氏の法相任命を決めた理由として「原則と一貫性」を挙げたのも、支持基盤を意識した発言だ・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:対日強硬
posted by kazu at 08:40| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント