2019年09月11日

『反日種族主義』主著者が初めて語る…韓国の「絶対不変の敵対感情」

韓国で異例のベストセラーとなった『反日種族主義』。その主著者であるソウル大学のイ・ヨンフン元教授が、ソウルの外信記者クラブで会見した。著書の発売以降、イ元教授がメディアの質問を受けるのは初めての事だ。会見には我々日本メディアを含む外信記者クラブ所属の海外メディアのみが参加した。

『反日種族主義』は、日本による統治や慰安婦問題、いわゆる徴用工問題について、当時の法令解釈や統計データを元に、韓国での定説をことごとく覆す本だ。近く日本語版も出版される予定で、日本での関心も高い。ここでは本の詳細は割愛し、会見でイ元教授が何を語ったのか、日本以外の海外メディアが何を聞きたがったのか、可能な限り詳細にレポートする。なお教授の発言は太字とする。
.

1945年の解放は韓国人が主体的に成し遂げた業績ではない

イ元教授が会見冒頭で語ったのは、意外にも日本統治時代の話ではなかった・・・続きを読む


人気ブログランキング
posted by kazu at 19:31| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント