2019年10月01日

韓国検察総長、チョ・グク任命前に大統領府に対し「疑惑深刻…任命されれば辞表」

任命の3日前、民情首席に電話「疑惑深刻…大統領に必ず報告してほしい」 文大統領、人事権への挑戦と認識…任命放棄すれば検察改革は不可能と判断 検察「ユン総長はそのような位置でなく、事実でない…政界の謀略」と否定

 ユン・ソクヨル検察総長が、チョ・グク長官の任命直前に大統領府に「問題が容易でないので(チョ候補者を)任命してはならない。任命すれば自分が辞表を出す」という趣旨の意思を伝達していたことが確認された。当時、チョ候補者の任命をめぐり苦慮していた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、これを抗命と受けとめ、チョ長官を任命する側に傾いたという。検察側は「(捜査を揺さぶろうとする)政界の謀略」として強く否定した。

 30日、ハンギョレが複数の与党要人に確認した結果、ユン総長は文大統領が5泊6日の東南アジア3カ国歴訪を終えて帰国した直後の7日、キム・チョウォン大統領府民情首席秘書官に連絡したという。彼はキム首席秘書官に対し「チョ候補者の関連疑惑が深刻だ。種々の経路で大統領府に意を伝えたが、大統領に報告されていないようだ。必ず報告してほしい。チョ長官を任命すれば私が辞退する他はない」と話したという・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:チョ・グク
posted by kazu at 08:33| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント