2019年10月10日

「北朝鮮のICBM威嚇は誤った判断、撃った瞬間米国は炎と怒り」

5日の「ストックホルム・ノーディール」以降、北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験を再開するかもしれないと威嚇した。中央日報は9日、韓米の外交・安保専門家10人に北朝鮮のICBM試験発射再開に対するトランプ政権の対応シナリオを尋ねた。10人全員、米国が「炎と怒り(fire and fury)」で象徴される2017年の超強硬対応に転じるだろうと答えた。弾劾局面など米国の国内政治的状況が非核化交渉に影響を及ぼすかどうかについての質問にも、10人中9人は「及ぼさない」と答えた。一部は、次の手順は「美しい手紙(beautiful letter)」、すなわち3回目の米朝首脳会談を望む北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の親書外交が再開されるだろうと見通した。次は専門家別の発言要約(米国専門家はアルファベット順、韓国専門家はカナダ順)。

デニス・ワイルダー元ホワイトハウス東アジア太平洋担当上級補佐官=北朝鮮がトランプ政府に対して激しい公開脅迫戦術を使い、自身の能力を過信したところ痛い目を見るかもしれない。ICBM試験発射の再開威嚇を米政府は米国の決意(resolve)を試していると考えるだろう。かえって逆効果を生むだろう。

ゲリー・セイモア元ホワイトハウス大量破壊兵器政策調整官=来年に核実験やICBM試験発射を再開するというのは北朝鮮の恐喝だ。金正恩はトランプ大統領の再選を邪魔することを望んでいないためだ。実務交渉の決裂は首脳会談をしようという圧迫だ・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:ICBM 北朝鮮
posted by kazu at 12:09| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント